トップへ戻る

角口しゅんいち | ブログ

2018/02/21 インフラ整備

一般質問⑤道路整備の在り方について

計画的なまちづくりについて


現在の市内中心部の状況をどう認識しているのか。

2年前に都市計画に議論をさせていただいて、都市計画がないとなかなか進めていくことができない駅前整備や公園の整備を都市計画がなくても制約条件はある中でもしっかりと国から事業採択を受けながら進めてこられた。

それが着実に駅前整備、公園整備に現在向いていて、表向きは都市計画がなくてもよくできたと言いたいところであります。それで終われば、議論がいらないわけですけれども、

しかしながら、市内の中を回れば、迷路のような道を通り抜けていかなければ入ることができないような宅地があり、

今後開発の爪痕が残るような開発の仕方をしているところが散見されるようになってきました。



まっすぐの道路ですっきりとした区画整理が行われている地域と、

区画整理のない地域の差は何かというと、
①車による事故の発生の危険性。
②どうしても死角が生まれ子どもたちの安全に配慮できない状態の発生。
③緊急車両が入りにくく災害の大規模化

などがあげられます。業者の中には、将来的な展望をもって開発している業者もあればそうではないところもあるように見ています。


しっかりとした計画の基道路整備をしていかなければ迷惑をこうむるのは市民ではないかということを考えていただきたいと思っています。
2018/02/20 インフラ整備

一般質問④南北道について

市道南北線の延長について

市道南北線の延長は平成24年に現在の道路北面に面した道路から

瀬戸内インターチェンジへ抜ける道路整備計画がありましたが、

詳細設計予算を計上し、設計が完了しましたが、その後議会にも上程せず

計画がなくなりました。

う~ん!

これからのまちづくりのためにも必要な道路は必要な道路として整備をしていく必要があるように思います。

南北道を活かせていないのはその接続道がないため

南北道をこれから生かしていけるようにしていくことが賢明な判断と考えるのですが、いかがでしょうか。
 
2018/02/19 行政改革と行政の効率化

一般質問③市内一斉避難訓練等の検討

市内一斉避難訓練等の検討について

これは、いきなり市民を動かして避難訓練等を行うことを目的とするものではなく、

庁舎内での事務連絡の確認というだけではなく、

職員が避難所の解説の手続きや避難所開設から、

その避難所の運営及び連絡体制について検討を行っておくべきだと思っています。

実際に現地に行ってみたら現場に行ってみないとわからない事柄などもあるでしょうし、

そこに地元の行政委員の方に来ていただくことができれば、

日頃の課題も見えてくると思うわけで、そのような意味において実施するべきではないかと思いますが、

いかがでしょうか。
 
2018/02/18 行政改革と行政の効率化

一般質問②防災減災について

防災減災について

1.避難勧告等を知る方法の調査

行政は、避難勧告を発令しさえすれば、それでよいと思いっている。
確かに、法律のどこにも避難勧告を入手し、市民がその避難勧告によって行動を誘発することを求めるようなことは書いていない。

それでは、避難ができるでしょうか。
避難勧告は発令しさえすればよいわけではなくて、ツールをいくつも準備すればよいと考えているのでは問題は解決するわけではなくて、

本当は、どうやって市民一人一人がそのツールを使って情報を入手するのか。

その入手方法を知っておくことが本当に必要なことだと思います。


よって、2017年9月の一般質問時に市長が、時間はかかることであろうがご指摘のことをよく理解し、市民の方が避難勧告等をどのように入手できるのか。入手できる方法を調査していきたいという答弁を引き出すことができた。

よって、今回は、この半年間で市役所内でどのように政策につなげてきて、これからどのように進めていくのかという点について議論をしておきたいと思っています。
 
2018/02/17 行政改革と行政の効率化

一般質問①

3月2日に一般質問をする予定になりました。

今回の通告は
防災・減災について 1市民が避難勧告等を知る方法の調査状況は
2市内一斉避難訓練等の検討は
 
市長
担当部長
職員の市内移住の推進について 市内移住を推進する方策の検討は 副市長
担当部長
市道南北線の延長について 市道南北線の今後の考えは 市長
副市長
 
計画的なまちづくりについて 現在の市内中心部の状況をどう認識しているのか。 市長
副市長
担当部長
持続可能なまちづくりのための里山整備について 森林や山が富を生み出すような方策の検討は。 市長
副市長
担当部長
としています。

これまで調べてまいりました資料とともに、考えを書いてまいりたいと思います。
  • small
  • normal
  • big