トップへ戻る

角口しゅんいち | ブログ

2018/02/19 行政改革と行政の効率化

一般質問③市内一斉避難訓練等の検討

市内一斉避難訓練等の検討について

これは、いきなり市民を動かして避難訓練等を行うことを目的とするものではなく、

庁舎内での事務連絡の確認というだけではなく、

職員が避難所の解説の手続きや避難所開設から、

その避難所の運営及び連絡体制について検討を行っておくべきだと思っています。

実際に現地に行ってみたら現場に行ってみないとわからない事柄などもあるでしょうし、

そこに地元の行政委員の方に来ていただくことができれば、

日頃の課題も見えてくると思うわけで、そのような意味において実施するべきではないかと思いますが、

いかがでしょうか。
 
2018/02/18 行政改革と行政の効率化

一般質問②防災減災について

防災減災について

1.避難勧告等を知る方法の調査

行政は、避難勧告を発令しさえすれば、それでよいと思いっている。
確かに、法律のどこにも避難勧告を入手し、市民がその避難勧告によって行動を誘発することを求めるようなことは書いていない。

それでは、避難ができるでしょうか。
避難勧告は発令しさえすればよいわけではなくて、ツールをいくつも準備すればよいと考えているのでは問題は解決するわけではなくて、

本当は、どうやって市民一人一人がそのツールを使って情報を入手するのか。

その入手方法を知っておくことが本当に必要なことだと思います。


よって、2017年9月の一般質問時に市長が、時間はかかることであろうがご指摘のことをよく理解し、市民の方が避難勧告等をどのように入手できるのか。入手できる方法を調査していきたいという答弁を引き出すことができた。

よって、今回は、この半年間で市役所内でどのように政策につなげてきて、これからどのように進めていくのかという点について議論をしておきたいと思っています。
 
2018/02/17 行政改革と行政の効率化

一般質問①

3月2日に一般質問をする予定になりました。

今回の通告は
防災・減災について 1市民が避難勧告等を知る方法の調査状況は
2市内一斉避難訓練等の検討は
 
市長
担当部長
職員の市内移住の推進について 市内移住を推進する方策の検討は 副市長
担当部長
市道南北線の延長について 市道南北線の今後の考えは 市長
副市長
 
計画的なまちづくりについて 現在の市内中心部の状況をどう認識しているのか。 市長
副市長
担当部長
持続可能なまちづくりのための里山整備について 森林や山が富を生み出すような方策の検討は。 市長
副市長
担当部長
としています。

これまで調べてまいりました資料とともに、考えを書いてまいりたいと思います。
2017/10/20 行政改革と行政の効率化

行政需要に対応できる職員の育成を

  • 市民の行政需要に対応できる職員体制について

(角口)「市民の求めるさまざまな行政需要に対応するため新設した課も多いです。そのたびに事務分掌は増え、職員のするべきことは増えているわけですが、行き過ぎた行革によって適切な人員配置になっていないと思われますが、今後はどのような方針で進めていくのでしょうか。」

(市長)「現在は退職者と同数を採用し、年齢制限を外すことで、即戦力となる職員や前職の経験を活かして働く職員も増えています。また、再任用という形で、退職後も職員の育成などの業務を行っている職員もおります。これらを活用して、結果的には少し人が増えた状態で業務ができています。そして、専門性の高い専門職については正規職員ではなく委託や嘱託という形での採用もしています。様々な登用形態を利用していきます。」
2017/04/07 行政改革と行政の効率化

コンビニ交付事業

■コンビ二交付事業(1千1百万円)
マイナンバーカードがあれば、コンビニエンスストアで住民票、印鑑証明、所得証明の書類の発行を、平成30年1月ごろから行えるように整備します。
 
  • small
  • normal
  • big