トップへ戻る

角口しゅんいち | ブログ

2018/02/21 インフラ整備

一般質問⑤道路整備の在り方について

計画的なまちづくりについて


現在の市内中心部の状況をどう認識しているのか。

2年前に都市計画に議論をさせていただいて、都市計画がないとなかなか進めていくことができない駅前整備や公園の整備を都市計画がなくても制約条件はある中でもしっかりと国から事業採択を受けながら進めてこられた。

それが着実に駅前整備、公園整備に現在向いていて、表向きは都市計画がなくてもよくできたと言いたいところであります。それで終われば、議論がいらないわけですけれども、

しかしながら、市内の中を回れば、迷路のような道を通り抜けていかなければ入ることができないような宅地があり、

今後開発の爪痕が残るような開発の仕方をしているところが散見されるようになってきました。



まっすぐの道路ですっきりとした区画整理が行われている地域と、

区画整理のない地域の差は何かというと、
①車による事故の発生の危険性。
②どうしても死角が生まれ子どもたちの安全に配慮できない状態の発生。
③緊急車両が入りにくく災害の大規模化

などがあげられます。業者の中には、将来的な展望をもって開発している業者もあればそうではないところもあるように見ています。


しっかりとした計画の基道路整備をしていかなければ迷惑をこうむるのは市民ではないかということを考えていただきたいと思っています。
  • small
  • normal
  • big